日本語

学部3回生 立亀友希さん

「1回生の頃に学んだこと」

皆様は大学で物理を学ぶことに対してどのようなイメージをお持ちでしょうか.物理が得意な人が1人で黙々と学習する,わからなくなってしまったらおしまい,などでしょうか.ご安心ください.立命館大学には,物理などについて先輩学生の方々や教員の方々に相談できる場など,学習をサポートしてくれる環境が用意されています.さらに,図書館には参考書なども沢山あります.しかし,どのような物事にも当てはまりますが,自分から行動しなければ何も起こりません.能動的に根気強く学ぶ心構えが出来ていれば大学でも安心してやっていけると思います.

以上,「何を堅苦しいことを書いているんだ」と思われたことだと思います.これは私の1回生を振り返って感じたことです.実際,ここに書いていることを活用していたかと問われると一概に”Yes”とは言えないのです.1回生の前半なんてずっと学習に関しては受動的でした.高校生の頃から頭が切り替わっていなかったのだと思います.ここで気付いた大切なことは,高校までは教えてもらうことで学習が成立していたが,大学からは自ら学ぼうとすることで学習が成立するということです.ここまで読んでくださった皆様なら,私が何を伝えたいのかわかると思います.大学に入学する前に何か興味のあることについて自分で学んでみてください.そして,わからないことを抱えた状態で大学に来てください.(専門外でなければ)大学で答えやヒントが得られるでしょう.それでは,これからも頑張ってください!

更新日 : 2024.04.23