日本語

天体物理学

超新星残骸におけるガンマ線発生の模式図
ガンマ線を探針とした高エネルギー宇宙の探究

宇宙に存在するさまざまな天体をとらえるには、目に見える光のみでは全く不十分で、電波からガンマ線にいたるいろいろな波長で観測して初めて明らかにされる現象がたくさん存在します。特に最も波長の短いガンマ線は、超新星残骸やパルサー、活動銀河核など、最も活動的な高エネルギー天体とそこにおける粒子加速現象の研究に適しています。人工衛星や地上ガンマ線望遠鏡のガンマ線観測データを用いて、これらの現象を解明していきます。【研究室のページ

森 正樹(教授)
川内 紀代恵(助教)

更新日 : 2024.04.23